カマグラゴールドの副作用/併用禁忌薬

副作用と併用禁忌薬

カマグラゴールドはED症状にとても効果が高い治療薬ですが、副作用のリスクもあることを忘れてはいけません。

カマグラゴールドには血管を拡張させる作用があり、血流を増進させることでペニスに血流を送り、勃起を促す薬です。全身の血管が拡張しますから、それに伴い副作用が出現します。

カマグラゴールドの副作用

主な副作用として挙げられるのは下記の通りです。

・ほてり
・頭痛
・鼻詰まり
・目の充血

これらはカマグラゴールドの副作用としてもっとも発現率が高い症状です。

その中でも多くの人が発症するのが「ほてり」「頭痛」
となっています。

その他にも、消化不良や視覚異常といった副作用の報告があります。

副作用発症のタイミング

カマグラゴールドは服用から30分で効果が現れはじめ、持続時間は5時間程ですから、副作用もこの間で起こります。

副作用は薬の効果が現れ始める頃に発症し、薬の効果が薄れ始めると次第に治まっていく事がほとんどです。

頭痛や鼻詰まりなど、性行為中に症状が気になるようであれば市販の頭痛薬や鼻炎薬を飲んでもかまいません。

なかには重篤な副作用が現れる場合もある

カマグラゴールドのみならず、ED治療薬は全般的に重篤な副作用のリスクが存在しています。
重篤な副作用として挙げられるのが4時間以上の勃起が続く「勃起持続症」です。
勃起持続症には快感はなく、痛みが伴います。放っておくと陰茎周辺組織が損傷し、勃起機能の喪失に繋がりかねません。

また副作用の視覚異常は効き目とともに落ちついていく事がほとんどですが、なかには急激に視力が低下してしまうリスクも否定できません。

もしこれらの症状が現れた場合や、現れた副作用が治まらない、悪化していくといった場合は直ちに医療機関を受診し、医師の診察を受けてください。

併用禁忌薬

カマグラゴールドには併用禁忌薬があります。
これらの薬を服用している方はカマグラゴールドを服用する事はできません。普段飲んでいる薬がある人は、該当するものが無いかチェックしてください。

併用によって生じる事
硝酸剤・NO供与剤
(ニトログリセリン、亜硝酸アミル等)
高圧作用の増強
sGC刺激剤
(リオシグアト)
症候性低血圧を起こすおそれ
アミオダロン塩酸塩
(アンカロン錠)
QTc延長作用が増強するおそれ

持病がある・その他の薬を服用している方

持病がある方や上記以外の薬を服用している方も、カマグラゴールドを服用する際は必ずかかりつけの医師に相談し、指示を受けてから購入をしましょう。

Posted by KAZUO


PAGE TOP